ハクビシンコラム

ハクビシンの侵入口の社団はプロの業者の見せ所

近年、都心の住宅地にも出没し、深刻な被害をもたらすハクビシン。 もしもハクビシンがご自宅に住み着いてしまったら駆除や捕獲を行ったうえで、再び浸入を許さないために小さな隙間を遮断する対策が必要になります。 今回は、ハクビシンの侵入を防ぐプロのテクニックをご紹介します。

プロの駆除スタッフの画像

どこから入るの?

ハクビシンは、住宅の屋根裏などに住み着いて寝床を作る習性を持つ夜行性の動物です。 頭が入る7センチ程度の隙間があればスルスルと侵入できてしまうため、床下の排水管や雨どい、換気口などをつたって家の中に入り込み、そこへ住み着いてしまいます。 近隣で被害が発生しているのであれば、ご自宅も侵入口になりそうな隙間をチェックし、あらかじめ塞いでおくなどの対策が有効になるでしょう。
また、ハクビシンは運動能力が非常に高く、ジャンプして壁をつたうことも可能です。 バランス感覚に優れているので木登りや電線を渡ることも得意で、高所から屋根に上がって侵入するケースも報告されています。 さらに、学習能力もあるため、餌場が近くにあり安全に暮らせる空間であれば、住宅の場所を覚えて巣を作ります。 一度住み着いてしまうと、ノミ・ダニ、雑菌による感染症などの健康被害や、天井が抜けるなどの住宅被害など多大な損害が生じます。 姿を目撃したら、ご自宅に被害が出る前に、適切かつ継続的な対策が必要です。

もう入らせない!寄せ付けない!ここがポイント

住宅の隅々まで漏れなくチェックして、ハクビシンの侵入経路になるわずかな隙間を特定することはとても難しいでしょう。 目に見える場所だけでなく、床下や屋根裏、建物の構造上の隙間など、人間がたやすく確認できない場所もあるからです。 さらに、そのすべてに対策を講じる必要があります。 侵入経路となる隙間を塞ぐ作業も簡単ではありません。建物の構造や建材に応じてシャットアウト工事の手法は異なります。 金網やアルミパンチング、材木やプラスティックなどを利用し侵入口を強固に塞ぐ施工を行い、必要があれば屋根や外壁が劣化している部分の補強工事を行います。 プロの業者へ徹底した調査と対応方法を相談することをおすすめします。
また、果実や木の実、野菜などを好むため餌場になる畑や庭を荒らす被害が多発しています。 畑やプランターをワイヤーネットなどで覆い、それでも深刻な被害があれば電気柵の設置などの対策も必要になります。 エサになりそうな作物やゴミなどがハクビシンを寄せ付ける原因になってしまうので、住宅の周りに餌場を作らせないことが重要になります。

わずかな隙間から住宅に浸入できるハクビシンは、雑食性で繁殖力が高く、一度住み着いてしまうと大変な被害につながります。 そんなハクビシン対策に関するご相談は害獣駆除の専門業者「AAAホームサービス株式会社」にお任せください。

お見積り・お問い合わせ

24時間365日受付!0120-6494-39

お問い合わせはこちら
Page top